トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

オクラホマミキサーも怪しかった私が、ヒップホップでダイエットなんて・・・(後編)

いま、おもにビリーと、ヒップホップアブス、ズンバを主にやってるんですが、
(ズンバ、ステップで苦労してるよ・・・)
たまにこの「ヒップホップダイエット」やるんですよ。
そうすると、動きはカンタンだけど適度な運動強度に調整されたいいプログラムだってーのが実感できます。
ただね・・・トロイ(インストラクターの男)に合わせてると、ときどきトロイが手を抜くんですよ。(なんか緩慢なうごきにみえる)
だから、知らないあいだにラクしてるはめに・・・
なんで、うしろのダンサーつーか生徒さんのうごきをお手本にするようになるんです。
だって、あきらかにトロイよりうごきいいもん。
ただ、トロイの左ナナメうしろににる黄色い女のひとがどーもきになってしょうがないのです。
いや、キレーとかそーゆー意味じゃなくてね。どーも鼻につくってゆーか・・・
「クイズ日本人の質問」のときの文珍博士ってゆーか・・・日本人にはあんまり受け入れられない、ガイジン特有のアピールがどーも気になって気になってしかたありません。
(ガイジンきらいってワケじゃないっスよ。リア・ディゾンとか好きだし・・・)
まー、好みのもんだいっスね。長く続けたいものだから相性って大事だなって感じた1枚でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オクラホマミキサーも怪しかった私が、ヒップホップでダイエットなんて・・・

ヒップホップ・ダイエット
難易度☆☆☆★★ (難易度には個人的な意見がふんだんにはいっています)
初心者用として買った2本のうちの1本です。
ダンスの基本動作からとはいえ、ヒップホップダンス!!
運動会のオクラホマミキサーすら振付があやしかった私なので、
だいじょうぶかいなと思いつつも
ディスク・イン!
できました。サクサク進みました。
とちゅう足をクロスするステップに苦労したものの息が上がらない程度のほどよい負荷のナイスな内容。
有酸素運動プログラムを三つ消化して、上半身、腕、下半身、脚、お尻、といいカンジで来たのに腹部、背中のプログラムで異変が。
胸と、お腹、腰をうねうね前後に動かすんですけど、どーにもうまいこといきません。
しかも、さっきまでどんなカンタンなステップも1度ゆっくり丁寧に教えてくれていたトロイ(インストラクターの人)が「(上体を)前に倒すとき、お腹を引っ込める」ってさらっと言っただけ。
しかも、もう始まってる最中に
「トロイさんよー、そりゃねーよ、こちとらシロ―トなんだからさー」
なんてグチも言いたくなるよ。そーゆーわけでフンキキでやるはめに・・・・
(いいのかフンイキで・・・)
結局、このあとヒップホップ・アブスで丁寧に教えてくれていたので、できるようになるのですが・・・
(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カーディオキック・ダイエット つづき

インストラクターの木幡先生、さすが武道をやっているだけあって立ち姿が美しいのです。
これは「怪獣の名はなぜガギグゲゴなのか 」の著者である黒川伊保子先生のトークショー
を聞きに行った時のはなしですが、男性脳と女性脳では左脳、右脳をつなぐ脳幹(うろ覚え間違ってたらごめんなさい)太さが違っていて、男性脳のほうが細いんだそうです。
細いって言ってもちょっとの差なんですけど髪の毛みたいな細さの光ファイバーケーブルでもものすごい情報量の差になりますからねえ。
このちょっとの差が、ものを見たとき左右の脳で映像のブレを生じさせ立体や奥行きの認知度が女性脳より高いのだそうです。
大昔、男性は猟に出かけて獲物を捕ってこなければなりませんでした。
そこで空間認知能力がないと狩りに出かけて迷子になったり、獲物が遠いのか、近いのかわからなっかったら命にかかわりましたからねぇ。
男性がフィギュアや自動車、飛行機、、オートバイ、などなど、3D曲線に魅せられるのは
こんな理由があるのだそうです。
そこで黒川先生いわく、
「女の人はモテたかったら姿勢をよくするのよぉ~。猫背なんてぜったいダメ!
プチ整形で二重にしたり、メイクを入念にするよりも、オトコは3D曲線にググッっときちゃうんだから背筋をピィーンと伸ばして颯爽と歩いてたほうがぜったいモテるってぇ!!」
のようなことを話されていました。
会場の男どもは「ほー」っとナットクし、女子たちは「なるほっどぉ」っという顔をしていてのは言うまでもありません。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

1日5分からできるダイエットDVD♪カーディオキック・ダイエット 

難易度★☆☆☆☆

最初に買った2枚のうちの1枚です。やっぱり男子は格闘技系エクササイズが好きってことで選んでみました。
ほかとくらべると比較的ゆっくりなペースでできます。これなら初心者の女子でもできそうってカンジです。
ビリーズ・ブート・キャンプやターボジャムをやってみたいと思っているけど、あのハードさについていけるか不安でちょっとためらっている人はまずこれで様子を見てみるといいでしょう。
もちろん女子専用ってわけではありません。
格闘技好きの男子にもおすすめです。
キックやパンチのコンビネーション自体は複雑な動きではないですが正中線をブラすことなく重心の移動、動作と呼吸の一致、筋肉をきちんと締める緩めるなど・・・エクササイズっていうよりカラテのつもりでやるとなかなかの運動量。
足腰しっかりしてないとコンビネーションやひざ蹴りしたときふらつきます。
カンタンなコンビネーションだけど奥が深くやりがいのある1枚です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

脂肪はすでに燃えている!(ケンシロウ風に読んでね)

そう最近まで誤解してました。
運動をはじめて20分してからじゃないと脂肪は燃えないとばっかり思ってました。でもこれは間違い。そもそも安静時でも脂肪は燃えているのです。そう運動スタート時からちゃんと脂肪はエネルギーになって燃えているのです。というのは、運動しはじめは、まずはてっとり早く血液中を流れている脂肪(遊離脂肪酸)を使います。そのあいだに体脂肪や内臓脂肪を使う準備をととのえて20分後から本格的に体脂肪や内臓脂肪をバンバン燃やしてくれるのです。
ということは運動強度がいっしょなら、20分のエアロビクスも5分づつ4回のエアロビクスも脂肪燃焼量はほぼ一緒!!1日まとまった運動時間がとれない人でも、ちょこまか細切れの時間でもOKってこと!有酸素運動はまとまった時間やらなきゃいけないと思っていたわたしは目からウロコ。
さっそく手ごろなDVDはないかと「アマゾン」へ。そしたらあるあるダイエットDVDのかずかず。ヒップホップダンス系。ヨガ、カラテ系、レゲエダンス系ラテンダンス系エアロビ ・・・。 ビリーやコアリズム、ズンバなどのハードそうなプログラムはさけて初心者でできそうなやつを選んでみました。それがこの2本ヒップホップダイエットとカーディオキック・ダイエット。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ショック・・・まさかのメタボリック症候群判定!!

やられました。メタボ判定。
食べ物だって気にしてたのに・・・深夜までの仕事の毎日。かんぺき生体リズムに悪い生活してましたから・・・当然の報い?
趣味の水泳(あまりうまくない。我流)週1回から3回に増やしましたよ。
ところがこれ後から知ったんですが、水泳って上手く泳げないと有酸素運動にするには難しいんだそうです。(ガーン!)
フォームがしっかりしていないと、余分な力が入って効率的に脂肪を燃やせる運動強度をスグ超えてしまうとのこと。(ガーン!ガーン!)
いままでゼイゼイいいながら休みなし泳いでいたのはムダだった!?いやムダとはいいませんが(筋肉付いたしね基礎代謝少しは上がったと思うよ)
「泳ぐの好き、水泳がうまくなりたいー」って人は別として、忙しい人やてっとり早くヤセたいって人には不向きだってことが判明。(水中ウォーキングって手もあるが爽快感がないのでこのさい除外)
しかもジムに行くのって、まとまった時間をつくらないといけません。30分泳ぐだけでも通う道のり、着替えなんかを合わせたら1時間はとらないとムリ。
心と体のリラックスさせるために行っているのに時間の余裕がまったくなくなるという悪循環。
行かなきゃいけないと思って無理に時間を作ろうとするから、さらに予定が窮屈になる、

でもこれ「脂肪が燃えだすまでには20分必要」という誤解があったからです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なぜビリーズ・ブート・キャンプを買わなかったのか?

数年前の深夜のこと。仕事から帰りテレビをつけると黒人のおっさんがワークアウトDVDの紹介をしていました。その名は【ビリーズ・ブート・キャンプ】!一週間の集中トレーニング!短期間で見ちがえる体に!!ふだんから運動不足を気にしていた私。もうグラグラきましたね。夜中なのに体温1度くらい上がったんじゃないでしょうか。これほしいーと思った瞬間ある不安がよぎりました。まてよ・・・三日坊主で終わっちゃうんでは?たぶん1時間のメニューだから出勤前にやったらそーと―ハード!そんなの1週間も続けたら俺のからだもつのか?いぜん中級エアロビ教室に1度だけ参加したときヘロヘロになった記憶もよみがえってきます。おまけに生来のリズム感のなさ、運動神経の鈍さからあの速い動きにほんとについていけんのか?って心配も・・・。結局買わずじまい。その後もターボジャム、コアリズム、ヒップホップアブなどを尻目に2年がたったある日のこと・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2009年12月 »